ザクロ

アンチエイジングはパプリカでも行える?

パプリカとアンチエイジングがどうしても結びつかない人も多いでしょうが、実はパプリカには非常に高いアンチエイジング効果があることが分かっています。
ここではパプリカとピーマンのアンチエイジング効果について紹介します。

ピーマンとパプリカは全く違うものと思っている人は多いでしょうが、ピーマンは未熟な状態で収穫されたもので、そのため緑色をしています。
ピーマンと呼ばれているものをそのままの状態にしておくと完熟し、それが赤色やオレンジや黄色になります。
まさにこの色はパプリカなのですが、ピーマンよりも大型で肉厚な品種がパプリカです。
ピーマンもパプリカもほとんどがハウス栽培されているため、1年中収穫が可能ですが、その旬は夏で、この時期になると色が濃くなるばかりか、風味も増して何よりも栄養価が高くなります。
実はピーマンにはビタミンCが豊富に含まれていて、野菜の中でもその含有量はトップクラスです。
何とピーマン1個にレモン1個分のビタミンCが含まれています。
ビタミンCにはアンチエイジング効果があり、メラニン色素を分解する働きもあるので、特に紫外線の強い夏場などには意識的に食事から摂り入れましょう。
ピーマンにはカロテンも豊富に含まれていて、カロテンには抗酸化作用があり、お肌を健康に保ち、老化防止に高い効果を発揮すると言われています。
さらにカロテンと一緒に摂れば抗酸化作用がアップするビタミンEも豊富に含まれているため、アンチエイジングや美肌を守るためには、ピーマンは非常におすすめの野菜となっています。
そしてピーマン以上に栄養価が高いのがパプリカです。
何とパプリカに含まれているビタミンCはピーマンの2倍で、ビタミンEは5倍です。
さらに赤色のパプリカの色素はカプサンチンと呼ばれる成分で、カロテンよりも優れた抗酸化作用があります。

このようにピーマンにもパプリカにも高いアンチエイジング効果があるので、味の好みや値段とも相談して、積極的に摂り入れることをおすすめします。