ザクロ

アンチエイジングはたるみから

誰でも年齢を重ねれば肌にハリや弾力がなくなり、自然に肌はたるんでしまいますが、アンチエイジング対策をすることにより、たるみを抑えることができます。
ここでは肌のたるみが発生する理由と、それを防ぐアンチエイジング対策について紹介します。

肌がたるんでしまうと、なかなか元には戻せないので、そうなる前に早めのアンチエイジング対策を行いましょう。
実はシワやシミとは違い、たるみというのは自分ではなかなか気づきにくい老化現象です。
毎日自分の顔を鏡で見ていて、その変化に気づかないのはしょうがないことです。
若い時には肌に弾力がありピンとはった状態ですが、年齢を重ねる度に肌は重力に負け下へ下へと下がりたるんでいきます。
肌にハリや弾力を与えているのは、真皮層のエラスチンやコラーゲンです。
これらの成分は20歳をピークにどんどん減少していき、自分自身ではつくり出すことができないため、何もしなければ自然にたるみが発生してしまいます。
肌がたるむ原因には筋肉の衰えがあり、顔にも表情筋と呼ばれるたくさんの筋肉があるため、これが衰えれば自然とたるみの原因になります。
たるみに有効なアンチエイジング対策としは、まずは真皮層の衰えの原因である紫外線対策を行いましょう。
紫外線は夏場だけではなく1年中あるものなので、できるだけ紫外線にあたらないように気を付けることと、日焼け止めや化粧品などで対策をしましょう。
次に、たるみの原因になるコラーゲンやヒアルロン酸などの成分をすすんで摂取しましょう。
これらの成分はサプリメントなどから直接取り入れることがおすすめですが、最近では効果が高い化粧品もいろいろな販売されているので、体内からも皮膚からも同時に取り入れることをおすすめします。
また顔の筋肉を鍛えるためには、表情筋に効果があるマッサージを行うことがおすすめです。

このように老化現象であるたるみは誰にでも起こる嫌なものですが、きちんと対策することにより、たるみを抑えることができます。
正しいたるみのアンチエイジング対策を行い、いつもでも若いお肌をキープして下さい。